青木るね(ヴァイオリン)

 桐朋学園卒業。ヴァイオリンをアクセル・ヴィルチョック、アンナ・ネキポロク=ブロン、久保田良作の各氏に師事。室内楽をベルリン弦楽六重奏団に師事。2007年オーケストラ研修生として、ハンブルク州立歌劇場オーケストラへ留学。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団団員。フォアシュピーラーを務める。また、Tulaトリオ、Ludas弦楽四重奏団のメンバー。

木全利行(ヴァイオリン)

 1976年から78年にかけて桐朋学園で学び、79年にNHK交響楽団に入団。86年民音室内楽コンクールで「斎藤秀雄賞」を受賞。現在、オーケストラ活動の傍ら、室内楽奏者、ソリストとしても活躍。

村松伸枝(ヴァイオリン)

 桐朋学園大学卒業、及び研究科修了。ヴァイオリンを久保田良作、ヴァイオリン、ヴィオラをユンゲル・ガイゼの各氏に師事。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団団員。また、ルーダス弦楽四重奏団、及びクライネスコンツェルトハウスオーケストラのメンバー。

吉田悟(ヴィオラ)

[常任指揮者の項、参照してください]

阿相道広(チェロ)

東京音楽大学器楽科チェロ専攻を卒業。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団に入団、現在に至る。チェロを苅田雅治、升田俊樹、増川誠、室内楽を兎束俊之各氏に師事。現在在京アマチュアオーケストラのトレーナーとして活動している。

米長幸一(コントラバス)

 10歳よりコントラバスを始め堤俊作氏に師事。桐朋学園大学卒、研究科修了。在学中に小野崎充、西田直文、池松宏、ゲーリー・カー、ライナーツェッペリンの各氏に指導を受ける。2000年、日本演奏家協会コンクールにおいて弦楽器の部第1位、在京オーケストラにゲストトップ出演を重ね、2001年より神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席コントラバス奏者。




左側にメニューなどが表示されていない場合はこちらをクリックされると正規のページにアクセスができます。